丸山和訓 × Craniosacral Therapy

クレニオ・セイクラル・セラピーを専門にするセラピスト

01 / あなたの一番内側にあるもの

Art

f:id:mlzk:20180925155903j:plain 丸山和訓:UI認定クレニオ・セイクラル・セラピストⅠⅡ

CranioもSacralも英語なんです

—すいません。「クレニオ・セイクラル・セラピー」って、正直あまり聞いたことがないんですが、いったいどんなセラピーなんですか?

本当に知名度が低いですよね(笑)ボディケア業界でも知らない人がいるくらいです。歴史としても30年くらいですし。でも、僕はこのセラピーに出会ってから、他に目もくれず夢中になっています。そんじょそこらのセラピーとは訳が違うんですよ。

なんか呪文みたいに聞こえると思うんですけど、これって英語なんです。「クレニオ」は英語で、頭蓋骨という意味。そして「セイクラル」は、仙骨という意味です。

f:id:mlzk:20180930191833j:plain

—仙骨ってヨガの先生から習ったことあります。たしか、骨盤にある骨ですよね。

そうそう。骨盤の中心となる三角形の骨です。まぁ、こまかく覚える必要はないので、単に“骨盤”と考えてもらって大丈夫です。

「クレニオ・セイクラル・セラピーってなんですか?」っていう質問をよくされるんですけど、僕はわかりやすく伝えるために「頭蓋骨のセラピーです」って言うことが多いんです。そのほうがキャッチーなので。

でも本当は、“頭蓋骨”から“仙骨”に到着する一連のつながりを「ひとつのカラダ」として考えるボディケアなんです。

—なんとなく、どこを施術するのかがわかってきました。でも、なんでそこが重要なんでしょう。

頭蓋骨の内側には、「脳」がありますよね。そして、背骨の内側には、「脊髄」があります。専門的には、脳と脊髄をあわせて「中枢神経」ともいいます。その名の通り、人間の中枢、つまり“コア”の部分なんです。それ以上の内側はありません。

f:id:mlzk:20180930191655j:plain

クレニオ・セイクラル・セラピーが「自然治癒力を高める」なんて言われるのは、人間の“コア”を整えるからなんです。だから「どこに行っても良くならない」「何をやっても良くならない」といった原因不明のトラブルへの対応策として知られています。

—自然治癒力を高める、ですか。個人的な意見で申し訳ないんですが、その表現を聞くとなんだか怪しさを感じてしまいます(笑)

それは真っ当な感覚だと思いますよ。かなりフワッとした言葉ですしね。自然治癒力についても、今日はわかりやすくお話していこうと思います。他にも、頭痛、不眠、ストレスのケアとして広まっています。

—うーん。頭痛に良さそうなのはイメージできるんですが、その“コア”を整えると、どうして、不眠とかストレスに良いんですか?そもそも、“コア”をどうやって整えるんですか?だって内側にあるから触れないでしょう。

興味を持ってくれてうれしいです。今日はひとつずつ丁寧に答えていこうと思います。クレニオ・セイクラル・セラピーって名前は長いので、これからはクレニオって略しますね。

—そうだ。インターネットで軽く調べてみたら、「クラニオ」って書かれているのも多かったんです。「クラニオ」とか「クレニオ」とかよくわかんなくて、思わずページを閉じちゃいました(笑)

一緒と考えてもらっていいですよ。僕は「クラニオ」じゃなくて「クレニオ」という表記を選んでいるんですけど、その理由は、“ジョン・E・アプレジャー”っていう人が広めたスタイルを勉強したからなんです。そもそも知名度が低いのに、呼び方が統一されてなくて、さらに混乱を生んでいますね(笑)

—ちょっとスッキリしました。スッキリついでにもう一つ質問してもいいですか?クレニオは整体のひとつだと思うんですが、痛いんですか?

痛くないですよ。すごく気持ちいいです。クレニオは整体でもあるんですが、リラクゼーションでもあるんです。なんで両方の要素があるのかは、追々わかってくると思います。まずは、あなたの“コア”を整える、クレニオの神秘的な世界をお話ししていきましょう。

そういえば「クレニオ」って、どことなく神秘的でかわいい響きですよね。

それたぶん「クリオネ」と間違えていると思います。残念ながらそちらは流氷にいるやつです。

02 /